ノーコードツールの選定ポイント

今回はノーコードツールの選ぶポイントについて教えてくれるんですよね?

はい!早速ノーコードツールの選定ポイントについて3つ教えますね!
1つ目は『利用目的と用途に合ったツールを選ぶこと』です!
ノーコードツールと言っても、汎用的なWebサイトが作成できるツールやECサイト※1に特化したツール、または、業務アプリケーションツール等があります。

※1
ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを売り買いできるWebサイトのこと。

会社のホームページを作りたいときはWebサイト用のツール、営業管理をしたいときは業務アプリケーション用ツールを選択することで、自分が求めていたものを作りやすくなります!

ノーコードツールにも種類があるんですね!
それなら、『何がしたいのか』ちゃんと決めてからツールを探すべきですね!

その通りです!2つ目は『料金体系』です!
例えば、何か購入したとき、購入前は「クチコミも良いし使いやすそう」と感じていても、購入後はその製品の「使い勝手が悪かった」ってことないですか?

購入前にその製品の使用感が分かればって思ったことはあります。

ノーコードツールには無料プランや無料トライアルがあるものが多いんですね!
そうすると、さっき言ったような購入前後のギャップも生まれにくくなるし、目的に合ったツールを選びやすいですよね!

導入する前に無料でツールの機能とか使用感がチェックできるのはいいですね!
3つ目は何でしょうか?

3つ目は『サポート体制』です!
業務アプリとかWebサイトを実際に作るとき、分からないことがあったらサポートやマニュアルを確認したいですよね?
そんなとき、サポート体制が整っていたり、分かりやすいマニュアルがあったりするとやりたいことを実現しやすいです。
海外のツールを導入したらサポートが英語対応の場合もありますのでその点は注意してください!

なるほど!ノーコードツールを選ぶときは『利用目的』『料金体系』『サポート体制』をポイントに選択すればいいんですね!

そういえばノーコードツールって種類がいっぱいあるんですよね?もう少し詳しく知りたいです!

分かりました!次回は、ノーコードツールの種類について話しますね!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.