業務効率化のノーコードツール使ってみた~ユーザー無制限編~

前回はノーコードツールの料金体系について教えてもらいましたが、
従業員が50人以上いる場合、ユーザー課金の料金体系だと高くなりすぎてしまうのを懸念しています。
ユーザー数を気にしないで、日報管理や顧客管理をすることは可能でしょうか?

それなら、ユーザー数無制限のサービスを探すと良いですよ!
例えば「Canbus.」というサービスがあるんですが、これならユーザー数を気にしないで、日報管理と顧客管理アプリの両方を作成することができます。

そんなものがあるんですね!
「Canbus.」ってどんな製品なんですか?

Canbus.はノーコードのWebデータベース製品で、
ワークフロー、顧客管理(CRM)、勤怠管理、会計/経理、
ファイル/プロジェクト管理等の業務をひとつに集約できるんです!

すごいですね!
色々な製品を使わなくても、Canbus.一つで基本的な業務データの管理ができるんですね!
ノーコードということは、ドラッグ&ドロップでアプリの作成が可能なんですか?

その通りです! 
Canbus.にはテンプレートアプリが80種類以上ありますが、必要事項が足りなかったときはそのテンプレートをベースに、ドラッグ&ドロップで項目を追加することができます。

なるほど!テンプレートがあるとアプリ作成が初めての方でも安心ですね。
項目の中にアプリ連携というのがありますが、これは何ですか?

アプリ連携の項目を利用することで、元のアプリの中に他のアプリを紐付けて、データの一元管理することができるようになります。
例えば、顧客管理アプリに日報管理を紐づけた場合、A社の顧客情報の中に、その企業に対して活動した時の日報を同じ画面で見れるようになります。

同じ画面で見れるってことは、お客様の情報を見たいとき、わざわざ顧客管理と日報管理の2つの画面を開く必要はないということですか?

その通りです!
更にユーザー無制限なので、部門関係なく情報の共有ができます!

これなら営業だけで顧客情報を管理することがなくなるので、誰でもお客様の対応をスムーズに行うことができますね。

これだけ汎用的な機能があるということは、人事部でもノーコードツールは活用できるんですか?

もちろん可能です!
では次回は、人事部でのノーコードについてご紹介しますね!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.