運送業界の運転日報

今回は運送業界での活用方法について教えていただけるんですよね!
運送業界では、ドライバーの時間外労働時間の上限が年960時間に制限される「2024年問題」の課題があるみたいです!
運転日報の報告がドライバーの業務負担になってると聞きましたがノーコードツールで解決できるのでしょうか?

〈2024年問題とは〉
2024年に働き方改革関連法における二つの法律改正により、ドライバーの
時間外労働時間の上限が年960時間に制限されるようになります。

もちろんです!じゃあ今回は、運転日報について考えてみましょう!

〈運転日報の義務化〉
運転日報の記録と保管について、道路交通法施行規則・貨物自動車運送事業輸送安全規則により義務付けられております。
目的としてはドライバーの健康状態・車両の状態を確認して、安全運転を確保することとなっております。

運送業界の日報って何を記載するんですか?

運送業界の日報は、下記の記載が必須項目となります。
走行時間・距離数、休憩/睡眠の地点・休憩時間、
自動車登録番号、発車・到着地点と日時

運送業界の日報は、記載することもかなり多く、紙やExcelで日報を管理していると、事業所ごとにフォーマットが統一されていないなどの課題につながります。

〈課題〉
・運転日報の保存期間は、最低1年間と定められているため紙で保管すると保管コストも膨大にかかります。
・事業所ごとにフォーマットが統一されておらず、記載事項も異なるため、情報がバラバラになり、管理がしにくいという課題があります。
・紙やExcelで記載した運転日報をメールにて報告する作業が発生するため、運転日報の共有に時間がかかります。

たしかに!紙やExcelで管理していると手間が掛かりそうですね。
毎日発生する運転日報だから、何とか効率化できないのでしょうか?

そこでノーコードツールの出番です!
ノーコードツールでは、運転日報のアプリが簡単に作成でき、誰もが簡単に運転日報の報告として使えます!

〈ノーコード活用〉
・運転日報で記載している事項を分析することで、車両の不備に気づくことに繋がったり、長時間労働の改善に繋がったりします。
・ノーコードツールでは、事業所ごとにフォーマットがバラバラで管理が大変だった運転日報のフォーマットを簡単に統一できます。
・日報の記載が完了したら、現場からそのまま本社へ運転日報を提出できるため、リアルタイムで運転状況が把握できます。

単に手間のかかる運転日報の業務負担を軽減するだけでなく、紙やExcelだとデータ活用が難しいですが、ノーコードツールを使用することでデータを活用して労働環境の改善にも繋がるんですね!

これでドライバーの勤務時間が削減されるようになります!
今回は運転日報について説明しましたが、まだ知りたいことはありますか?

はい!建設業界の友人から課題があるって聞いたので、建設業界の課題解決について教えてください!

わかりました!次回は建設業界の課題解決について教えますね!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.