不動産業界の課題解決

前回は飲食業界でのノーコードツールの活用方法について教えてもらいましたが、
今回は不動産業界でのノーコードについても教えください!

不動産業界でも飲食業界と同様に多くの情報をまとめて管理する必要があります!

  ・契約情報(どの物件にどの顧客が契約しているのか)
  ・物件の更新日
  ・費用(敷金礼金、家賃、退去費用など) etc……

管理するべき情報がいっぱいですね!

しかし、現状の不動産業界では
『物件を管理するツール』など専用ツールが多いため、
それぞれのツールでデータをバラバラに管理することになります。

しかし、データの連携に課題があるため、
ツールを使わずにExcelで管理している企業も多いと聞きます。

Excelで一つ一つ管理するのは大変ですが、 
ノーコードツールなら製品内のデータを簡単に連携できるので、
管理にかかっていた時間を短縮できます!

例えば…
会社が保有している物件のデータに契約情報や更新日、費用などを紐づけておくことで、
その物件にどの顧客が契約しているのか、費用がどれくらいかかるのか、いつ更新が行われるのか
といった物件にまつわる諸々の情報が、物件のデータを開くと一目で確認することができます。

そうですね!
必要な情報を一目で確認できるので業務効率化が行えますね!

そのほかにも業務効率が上がるだけではなく、ノーコードツールにデータを集約することで顧客の傾向がつかめたり、いつも躓いてしまう課題が洗い出せるので経営面の改善にも役立てることができます!

解説
蓄積したデータをグラフ化したり、レポート形式で出力することで傾向や課題が可視化されます。
例えば、営業活動においてどのフェーズで失注してしまうことが多いのかがデータで可視化されるので、初回提案での失注が多いのであれば提案資料の見直しを行うなど効果的な改善策を講じることができます。
不動産業界では『どこの地域の物件が売れているのか』『地域住民の年齢層』などが一目で分かるので適切な情報を顧客へ届けられるようになったり、注力する地域の選定が行えます。

なるほど、ユーザー目線でも経営者目線でもメリットがあるんですね!
他にもノーコードが使える業界はありそうです。

ノーコードは多くの業界で利活用することができます!
次回は建設業界のノーコードについて紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.