不動産業界の契約書管理

今回は不動産業界での活用方法について教えてくれるんですよね!
不動産業界ではまだまだ契約書などを紙で運用しているケースが多くて困っているそうです。
ノーコードツールで解決できるのでしょうか?

もちろんです!
では今回は、契約書管理について考えてみましょう!

〈契約書管理の課題〉
不動産業界では紙文化が根強く、契約書は紙で行うケースが多かった。
全国に支店を構えている場合だと、契約書を郵送して押印するなどスピード感が失われていた。
しかし、2022年にデジタル改革関連法が改正され、①重要事項説明書②売買・賃貸契約時の書面のデジタル化が解禁されたため、まさにこれからデジタル化が求められている。

紙のままだと大変ですね。

そうなんです。
だからこそ、これからデジタル化を行っていこうっていう企業が多いんです!
でも、一人一人の業務量も多くて、あまりデジタル化に時間をかけられない企業も多いのが現状です。
そこでノーコードツールの出番なんです!

ノーコードツールは運用開始までの期間が短く、専門的な知識が必要ないのであまり時間を取れない企業でも切り替えのハードルが低くなります。

そうですよね!
それならデジタル化の第一歩として使いやすいですね!

不動産の契約には、物件のオーナーや仲介業者、買い手や買い手の仲介業者など関係者が多くなってしまいます。
そうすると、書類の確認や郵送の手間が大きくなってしまうため、1つのシステム上で完結できると業務効率化につながるんです。

たしかに、郵送の手間がなくなるだけでも大きいですね!

業務フローを設定できる製品なら、社内の承認を取るのも早くなりますし、
業者とのやり取りでもきちんとステータスを管理することができます!
しかもノーコードツールでもモバイルに対応している製品もあるんです!

契約書管理における押印申請や確認依頼を出張先や出先でも、
PCを開かずにモバイル端末からパッと行うことができます。

どこでも利用が出来るんですね!
そうしたら、PCが無くても現場ですぐに入力したり、常にスピード感をもって業務ができますね!

今回は契約書管理について説明しましたが、まだ知りたいことはありますか?

あります!次は営業日報について聞きたいです!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.