飲食業界の店舗管理

ノーコードツールなら在庫管理もできるんですね!
飲食業界では他にはどんなことに活用できるのですか?

活用できることはまだまだあります!
今回は店舗管理についてお話しします!

〈店舗管理とは〉
小売店や飲食店などの店舗経営の状況を判断し、マネジメントすることです。
経営していくうえで、各店舗の状況を把握し、「どのように改善していくか」、「どうすればより売上を上げられるか」を日々考えていくことが必要です。

そうなのですね!
店舗管理は経営していく上で、必要な業務なんですね!

飲食店の店舗管理は主に売上管理や仕入れ状況、在庫状況、定期的にQSCチェックがあり、今回はその中でもQSCチェックについて話していきます!
QSCチェックは店舗巡回時にチェックする項目が100個以上あり、店舗としての品質を保っていくために必要です!

〈QSCチェックとは〉
「Quality(クオリティ)」「Service(サービス)」「Cleanliness(クリーンリネス)」の頭文字をとった言葉で、「品質」・「接客」・「清潔さ」のことです。
また、マクドナルドの創始者であるレイクロックが開発した飲食店を成功させるための方程式です。
〈課題〉
QSCチェックを手作業で点数集計すると手間がかかり、
報告書を本部に郵送、報告内容の共有にも時間がかかる。
紙の報告書は保管がかさばり、探すのに時間がかかる。
担当者変更の際も引継ぎがスムーズに行えないケースが多い。

大変ですね、、、確かに時間がかかって手間になるかもしれませんね。
この定期業務をどうにか効率的に行う方法ありますか??

そこでノーコードツールの出番です!!
ノーコードツールでは、QSCチェック専用のアプリがすぐに作れて、
誰でも簡単に操作できます!

〈ノーコードツールでの活用〉
・ノーコードツールでは、専用の用紙やExcelと違い、四則演算やデータ集計機能で自動集計が可能なので、QSCチェックシートに記載した点数は自動集計され、集計の手間やミスがなくなります。
・QSCチェックが完了したら、店舗から本部に情報共有できるため、リアルタイムで店舗の状況を本部が確認可能になります。
・報告データはクラウド上で蓄積することが可能なので、過去のデータを容易に検索することができ、担当変更の際も引継ぎがスムーズに行えます。

ノーコードツールを導入すると簡単に自分たちに合ったアプリを作成することができて、こんなにも業務効率が上がるのですね!

そういうことです!
また、ノーコードツールを使えばペーパーレス化にもつながります!

すばらしいですね!
他の業界ではどうですか?

次は不動産業界での活用方法について紹介しますね!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.