飲食業界のノーコード

飲食業界でマネージャーとして働いている友人がいますが、
飲食業界でもノーコードツールを活用できるのですか?

はい、活用できます!
友人の方は、普段どんな業務をしていますか?

普段の業務はお客様を対面でおもてなしする「接客」と
店舗の管理を行う「非接客」の業務があります。
例えば…
・集客・宣伝などのプロモーション
・店舗日報
・在庫確認・発注
・シフト作成
・管理関連の業務
・人材育成 
など様々な業務を行っています。

飲食業界の業務は多岐にわたりますよね。
その中でも特に課題を感じていることはありますか?

発注業務に伴う店舗の在庫確認等は属人化していたり、お店の営業時間内に行うことが難しいため、就業時間内で業務が終わらず残業になることがあります。
また、管理部門の方に紙やExcelで店舗日報を提出しても、
報告するだけになり、過去のデータを上手く活かせていないと悩んでいました。

そうなんですね。
ノーコードツールを活用することで、在庫管理や日報管理の業務効率化が見込めます!

日報報告や在庫管理とかだと、店舗だけでなく本社にもシステムを導入する必要があるのでコストや時間がかかりそうですね。
店舗ごとに報告する内容も異なるため運用を変更するのにも時間がかかりそうです。

ご安心ください!
ノーコードツールなら、簡単に項目を変更することができるので、
各店舗に合わせた報告内容で運用できます。
また、ノーコードツールはユーザー課金のものが多いですが、ユーザー無制限で
従量課金の製品もあります。
ユーザー無制限の製品なら、数人から数千人まで幅広く対応することができるので、一部の店舗と管理部門だけ導入してみて、上手く運用できそうなら全店舗導入してみることでランニングコストを抑えることができますね!
これなら、そこまでコストがかからず、店舗と本社の情報共有のツールとして
活用できますよ!

なるほど!それなら、そこまでコストがかからず、
店舗と本社の情報共有のツールとして活用できますね!
他にノーコード製品を導入するメリットはありますか?

日報や売上管理、データの可視化もできます!
通知メールを送れるノーコードツールで日報を提出することによって、
「提出されたことに気が付かなかった」なんてことを防ぐことができたり、
ダッシュボード機能があれば、蓄積した日報や売上のデータをグラフ化することで
その月の売上額や人件費、集客人数などを可視化できたりします!

ノーコードツールなら、
業務効率化やデータの活用ができて飲食業界の課題も解決できそうですね。
次は、不動産の業務も効率化について教えてください!

分かりました!
次回は不動産業務でのノーコードについてお話しします!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.