建設業界の課題解決

今回は建設業界でのノーコードについて教えてほしいです!

これまで紹介した業界と同様に建設業界でも
管理しないといけないことが多くあります。

解説
 施工管理(工事の進捗を予定通り、安全に進捗させる)
 資材管理(予算内で資材を発注・現場への手配・資材の検品や研修を行う)
 原価管理(外注費や材料費など、原価にかかる費用を計算からコスト改善を図る)

なるほど。具体的にどんなことを管理していますか?

業者との打合せ内容、資材の在庫状況、掘削状況、
工事スケジュールなどの情報をまとめて管理する必要があります。 
さらに利益を確保するために材料費や人件費などの原価情報を
管理する必要もあります。

建設業界ではExcelで管理していて案件・施工情報の連携、
進捗状況などが分かりにくいと聞きます。
また、原価も正しく管理しないと、適切な価格設定が分からないため、
予算オーバーになる可能性もあるそうです。

ノーコードツールだと、施工作業に必要な資材情報を簡単に連携できます。
加えて、原価管理も利益を正しく管理・把握できるため、
無駄なコストを削減し、収益向上に繋げられます。

解説
 例えば、施工情報のステータスを見える化することによって、
 工事スケジュールの進捗をすぐに確認できます。
 そのため、スケジュールに遅延が出た場合に、いち早く察知でき、
 それに伴う資材調達の時期も適切な時期に変更することが可能です。
 それぞれの情報が連携されることによって、リアルタイムで状況を把握できるため、
 より正確に管理することができます。

そうなんですね。
建設業界でもノーコードが簡単に活用できるんですね!

そうですね。
今管理しているような形式に似たフォーマットを作成することで
これまでの運用とあまり変化なく、一元管理できます。

解説
 例えば、Excelで各フォルダごとに管理しているものをノーコード製品で
 管理することによって、Excelのような配置でフォーマットが統一されます。
 また、そのデータをエクスポートすることによって、他システムと連携することが
 できるため、過去の情報の検索やプロジェクトの見直しができます。

フォーマットもノーコードツールなら簡単に設定できますね!
また、エクスポートすることで、既存システムと連携もできますね。
他にもノーコードツールが使える業界はありそうです!

次は運送業界のノーコードについて紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.