インボイス制度

最近よく話題になっているインボイス制度とはなんですか?

インボイスとは、販売先に対して税率と税額を正確に伝えるために、
従来の請求書に必要事項を追記した請求書のことで、
インボイス制度とは2023年10月から導入される、消費税の納税額を
正しく計算するための新しい制度のことです!

インボイス制度が開始されるとどう変わるんですか?

インボイス制度導入後は、消費税を納付するときに、
仕入先が発行するインボイスがないと仕入税額控除が受けられなくなるんです。

それは対応しないと困りますね、、具体的には何を準備すればいいんですか?

従来の請求書よりも記載しなくてはいけない項目が増えるので、
事前に請求書のフォーマットを変更する必要があります。

「適格請求書発行事業者の氏名又は名称及び登録番号」
「税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜き又は税込み)および適用税率」
「税率ごとに区分した消費税額等」を追記する必要があります。

こんなにたくさん項目があるんですね!
普段Excelで請求書作成してるから項目が増えると
記入するフォーマットの変更が多くて大変ですね。

Excelで請求書を作成しているなら、
ノーコードツールで請求書を作成することがおすすめです!
ノーコードツールなら請求書のフォーマットを作成でき、
しかも項目追加も簡単です。フォーマットの変更が簡単にできるから、
法改正にもすぐに対応できるんです!

そうなんですね!これなら10月までに間に合いますね!
さらにノーコードツールなら今後制度が変わっても、
柔軟に対応することができますね!
私の知り合いが飲食業界で働いているのですが、
飲食業界でもノーコードは活用できますか? 

もちろんできます!
じゃあ次回は、飲食業界でのノーコードについて紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.