改正電子帳簿保存法対応②

ノーコードでの電子帳簿保存法対応について詳しく教えてください!
帳簿書類を電子化するには何から始めればいいのでしょうか?

はじめに電子化する帳簿書類が保存するための要件を
満たしているか確認する必要があります。
具体的に「真実性の確保」と「可視性の確保」の要件を満たす必要があるのです!

「真実性の確保」と「可視性の確保」とはなんですか?

まず「真実性の確保」の要件とは、
『記録事項の訂正・削除を行った場合のデータ』
『タイムスタンプによる、書類作成後の経過時間』
『システムの利用方法が分かる書類』
これらの3つを確認できることです。

次に「可視性の確保」の要件とは、
『取引年月日・勘定科目、取引科目、取引金額などを記録や項目から検索』
『帳簿書類を確認するための、ディスプレイやプリンターを設置』
これらの2つのことです。

なるほど、電子帳簿保存法に対応するには
これらの要件を満たす必要があるんですね。
それには、電子帳簿保存法専用のシステムやソフトを
使って対応しないといけないのですか?

専用のシステムやソフトを使うことで要件を満たすことはできますが、
それらを導入するとなるとコストがかなりかかりますね。
ノーコードツールを使えば安価かつ迅速にシステムを構築でき、
電子帳簿保存法にも対応できます!

ノーコードでできるなら、やってみます!

入力内容の変更履歴やユーザーの操作履歴などの履歴が残せて、
タイムスタンプをつけることで「真実性の確保」の要件を満たせるような
ノーコードの製品があります。
それだけでなく、フィルター機能や検索条件の設定・絞り込みを行うことで、
全体的な検索や帳簿ごとの検索ができ、
「可視性の確保」の要件を満たせる製品もあります。

そうなんですね!これなら業務が忙しい僕でも短期間で簡単に対応できますね!

ノーコードツールなら法改正があっても柔軟に対応することができるんです!

なるほど!他にもインボイス制度の法改正がありましたよね?
インボイス制度について詳しく教えて欲しいです!

わかりました!次回はノーコードでのインボイス制度の対応について紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.