改正電子帳簿保存法対応①

最近よく話題になっている電子帳簿保存法とはなんですか?

電子帳簿保存法は、
今まで紙媒体の保存を原則としている国税関係の帳簿類や証憑類について、電子データで保存することを認めた法律です!

今までの運用から大きく変わりそうですね。

そうなんです!
そして、この電子帳簿保存法が2022年の1月に改正されたので話題になっております!

2022年の改正でなにが変わったのですか?

今回の改正で電子化するためにクリアすべき要件が大きく緩和され、電子化へのハードルがグンと下がりました。
ポイントは
『承認制度の廃止』
『タイムスタンプ要件の緩和』
『電子取引の電子データ保存の義務化』
『検索要件の緩和』
の4つになります。

それは初めて聞きました。

そういう人が多いのも確かです。
でも改正電子帳簿保存法には、2024年1月までに対応しないといけません!

2024年1月までなんですか?
もうあと半年くらいしか時間がないので、
普段の業務をしながらだと大変ですね。

そうなんです。
でもノーコードなら短期間で簡単に対応できるので
次回はノーコードでの電子帳簿保存法対応について紹介いたします。

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.