【はじめの一歩】運用体制を決めよう!

前回は、ノーコードツールのテスト運用について考えましたが、
今回はノーコードツールの運用体制について教えてくれるんですよね。

ノーコードツールのテスト運用が出来たら、
次はノーコードツールで運用体制を決めていきます。
今回は、ノーコードツールの運用体制について考えます!

まず、運用体制ってなぜ必要なのでしょうか?

〈運用体制の重要性〉
ノーコードツールでは、サーバーなどのITインフラの運用ではなく、
ノーコードを実際に業務で利用する人たちを選定することが重要です。
ノーコードツールを導入したがうまく社内で活用できないという
ケースを防ぐためにも、運用体制を整えることは必須です。

ノーコードツールの運用体制は、スムーズな運用を確保するために重要ですが、
うまく整えられていないことが課題となっています。

〈課題〉
・システム担当者が多忙で運用体制が整備されないまま導入した場合、
利用が定着せず、エクセル管理に戻ってしまうこともあります。
・ノーコードツールはドラック&ドロップで
誰でもアプリを作成できるため、 ITに詳しくない現場の社員の方でも
運用するケースが多くなっています。
しかし、社員ごとにノーコードツールをうまく活用できるのかはばらつきが 生まれてしまいます。

そうなんですね!運用体制を整えるためには、社内での利用を浸透させる体制も
必要なんですね。この課題を解決するためには、どのように運用体制を整えれば
いいでしょうか。

〈運用体制のポイント〉
・ツールの設定やアカウントの管理、
 ユーザーサポートまで担当するツールの管理者を決める
・運用フローを考える
・活用のためにユーザー教育を行なう

まずは運用を支える管理者を決めることと役割を明確にすることが大切です。
その次に運用フローの検討が必要になります。
例えば、ノーコードツールで与信稟議を行なうとき、誰に連携して承認をもらうのか社内の承認フローをあらかじめ決めておかないと、運用開始しても業務で活用できず、業務に支障をきたす場合もあります。
つまり、実際に運用していく際に関わる人材やフローを明確にしておく必要があり、運用フローにて実際に利用するユーザーを選定することができます。

なるほど!実際にノーコードを利用する人が決まれば、それに沿ったユーザー教育を行なっていく形でしょうか。

その通りです!実際に業務で利用していくための操作マニュアルを
配布したり、それだけでは運用が難しい方には定期的な研修など開催することで
ユーザーに合わせた教育を行ないます。

そうなんですね!運用開始までにツール利用の運用フローを想定する必要性がよく分かりました!

運用フローを想定するなかで「追加でこの機能がほしい」となったとき、スクラッチ開発なら大幅な開発要件が追加されて、ツール導入が遅れるなんてこともあります。しかしノーコードなら、柔軟にカスタマイズできるので即効性もあり運用体制を整えやすいです。

なるほど!ツール導入をスケジュール通り進めるためにも運用体制を整える
必要があるんですね!運用体制を整えることでより効率的に業務を進めることが
できることが分かりましたが、次は実際のノーコードツールの運用開始・サポートについて考えてみたいです。

わかりました!それでは次回は、
ノーコードツールの運用開始・サポートについて考えていきましょう!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.