【ノーコード応用編】BIツールとは②

BIツールはシステムを横断したデータ分析を効率的に行うことで、
法則性を見出したり未来への見通しを立てたりできる事が分かりました!

そうですね。
企業活動をより良いものにするために活用されています!

やっぱりBIツールはすごく便利ですね!
でも皆さんが使っているわけじゃないってことは、なにか理由があるのですか?

実は費用面や即効性などの点で、3つほど懸念点があります。

【BIツールの懸念点】
①費用面の不安
BIツールの利用にあたり、システム自体の費用だけでなく、ツールを管理する必要があり、
運用のための人件費などが必要になります。
②即効性の効果は保証されない
BIツールの利用は、データの収集・分析・検証・実行と様々な工程を行った後に効果が現れ始めることが多いため、
導入してから軌道に乗せるまでに時間がかかります。
また、専任の担当者をつけるのとそうでないのとでは、上記の工程を進行するのにかかる時間にも差が出てきます。
③データ同士の連携をできるかが鍵
メリットに、システムを横断したデータ分析ができることをあげましたが、
データ間で連携ができないと意味がありません。

そうなんですね…やっぱりいいところばかりではないんですね。
実際にBIツールを使った事例ってあるのですか?

ノーコードのBIツールを利用して、社内の業務データや勤怠データを分析し原因を
見つけることで、業務効率化に繋がった事例があります!

【活用事例】①
「データ経営」をスローガンに掲げ、ノーコードのBIツールを利用しデータの一元管理を行った企業様の事例です。
これまで部署ごとに異なるシステムを利用していたため、部署間のデータ共有や連携が難しく、
これまで蓄積していた情報を活用できていませんでした。
そこでノーコードのBIツールを導入し、勤怠管理や案件管理、社内の問合せなどを同じシステム上で
管理をするようにしたことで、部署間のデータ連携が容易になり、業務改善に繋がりました。

【活用事例】②
会社経営の上で生じる営業利益や進捗状況などをリアルタイムで把握し、
それらの情報を分析することで経営判断を迅速に行った事例です。
これまで、案件の進捗管理・営業の数字に関する管理は別々で管理しているため、
分析するためのデータ集計やリアルタイムに情報を確認することができませんでした。
そこでノーコードのBIツールを導入し、データをグラフで見える化することで、
売上管理や案件の進捗をリアルタイムで確認することができ、
注力すべき案件の整理や経営層の迅速な判断に繋がりました。

すごいですね!
うまく活用すれば、企業にとっていいことがたくさんありますね。

そうですね!ノーコードツールだからこそ、データ分析が簡単にできて、
業務負担を減らすことができます。

あ、そういえば飲食業界の在庫管理で悩んでると人がいると聞いたのですが、
なにかいい解決策はありますか?

分かりました!
次は飲食業界の在庫管理について紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.