【ノーコード応用編】BIツールとは①

今回はBIツールについて教えてください!

わかりました!まずは前回のおさらいで、BIツールの ”BI” というのはビジネスインテリジェンスの略で、「大量の企業データを収集・分析して、意思決定に活用しよう!」というものでしたよね。今回はそれをツール化した「BIツール」についてみていきましょう!

お願いします!「BIツール」って具体的にどのように活用できますか?

会社の営業利益や経営状況などをタイムリーに把握でき、それらの情報を分析することで経営判断に活用することができます!

では具体的な流れを見ていきましょう!
①分析するためのデータを収集する
②その収集したデータに定義付けをして情報化
③情報を自社の現状と照合して汎用的な知識へ
④その知識を実践的な場面で活用して知恵にする

そんなことができるんですね!では実際に活用することでどのような強みがありますか?

データを分析することで法則性や関連性から、新しい発見が生まれたり、それを元に仮設をたてることで未来の見通しを立てることも可能です。

そうなんですね。データを活用して新しい価値を生み出すことができるんですね!

データを活用していくことで、業績の向上など企業活動にプラスの影響を与えることができます!

これからの時代では重要になりますね!一方で懸念点もありそうですが、、、?

実際に懸念点も存在します。次はBIツールの懸念点と活用事例を紹介します!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.