【ノーコード応用編】BI(ビジネスインテリジェンス)とは?

最近BIって言葉よく耳にしますがどのような意味でしょうか?

BIはビジネスインテリジェンスの略で、データ分析の結果をもとに事業の意思決定に活用することです。

もう少し詳しく教えてください、、

まず、最近データの重要性があらためて認識されていて、「データドリブン」という言葉がよく使われるようになったのですが、聞いたことありますか?

データドリブン、、?
聞いたことないですね、、

データドリブンというのは、収集したデータを分析して意思決定や企画の立案に役立てていく方法のことで、それを経営やマーケティングに活かして運営していくことです。

データを経営に活かすというのは大きなことだと思いますが、これまでのデータが多すぎて何が大切なのかよくわからないですね…

過去のデータを活用できてない理由として、
「蓄積したデータの量が多すぎて何が大切なのか分からない」
ということが挙げられます。
有象無象の情報から様々な予測を立てるにあたり
必要な情報をどう抽出するかが BI では重要です。

過去のデータの記録が細分化されていたり、記録が一目で確認できたら、今の状況を予測をしやすくなります!

〈BIの活用法〉
BIをビジネスに取り入れることで、
顧客行動をより具体的に把握することができます。
そこから行動を分析し、結果を可視化しまとめることにより
内容を早く把握することができるため、
可視化した情報は経営戦略に役立ちます。

顧客行動に基づいた売上アップや新規顧客獲得のための
行動が最適化されるので今後の企業活動に活用できるでしょう。

BIってすごいですね!過去のデータが今後の事業を成長させるカギになるんですね、、データを蓄積しておくだけじゃなくて、データを自社でどうやって活用することができるのかが大切ということですね。

”過去を知って今を知る” ってことが重要です!

でも、それってどうやったらできますか?

これまで蓄積した多くのデータを”整理”して、”可視化”が実現できる BIツールっていうものがあります。次回はBIツールについて教えます!

カテゴリ

デジタル化を実現し、業務を加速しよう。

ノコレッジ

運営:株式会社システナ

〒105-0022

東京都港区海岸1丁目2番20号

汐留ビルディング 16F

 

  • Feedly
  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter

© Systena Corporation All Rights Reserved.